忍者ブログ
HOME Admin Write

ダークソウルとRO攻略育成メモ置場*よるためも*

*よるためも* ダークソウルとブラッドボーンの攻略で初心者向けにステ振り・武器の感想。 RO支援ジュデックスABの狩場・ステ・装備など。

★シャドウバース  冥府エルフロイヤル



シャドウバースの現環境で上手い実力者層で強いとされているのが冥府エルフです。
しかしながら、手数が多くて初心者にはなかなか難しいデッキです。
自分はまだ勝率5、6割程度ですが少しだけ慣れてきたので、
プレイのコツっぽいもののメモを落としてみます。
まだまだ下手の横好きで素人目線のメモですが…、ご参考下さい;;



<デッキ構成について>

8/15に収穫祭が弱体化されて今現在はワンダーメイジベルエンジェルを入れています。
前よりも更に難しくなりました。

私は上位勢のあぐのむさんのデッキを参考にしています。冥府が3枚入っており、ドローカードも多めな事で初心者でも回しやすいバランスかなと思っています。 アプデ後にランキング上位だったよーくさんやおすしさんのデッキも参考にしています。

ベルエンジェルやワンダーメイジの代わりに1枚収穫祭を入れたりもしていますが収穫祭はコストが高く終盤でないと使いにくくなってしまいました。収穫祭入れるなら抜くのはビーストかワンダーでしょうか。

リノセウス重視の場合は妖精のイタズラ1枚を入れます。抜くのはベルエンジェルかウォーターかなと思います。

その他、ウォーター抜いてエレメンタルランス森の意思精霊の呪いを1枚入れることもあります。事故率を下げるのならランスですが、上手く使えると美味しいのは森や精霊の方かもしれません。
冥府を3枚入れるのなら、その他の4コスト以上のカードは4枚以下(全体の1/10)に抑えたいので、収穫祭や森の意思を入れるならビーストか回帰は抜く必要があると思います。

抜いてはいけないカードはリノセウス3枚、運命3枚、導き3枚、メイ3枚でしょうか。
エンシェントエルフは3枚、冥府は2枚以上欲しいです。

サークルやウィスパー、プリンセスメイジといった手札を増やすカードも6枚程は欲しいです。
収穫祭、ワンダー、ベルエンジェル、光の道筋、導きといったドローソースも現環境の平均は6枚だと思います。
導き、妖精のイタズラ、回帰、エンシェントといった盤面から手札にバウンスするカードも6枚以上欲しいです。
ウォーターや森荒らしとしった盤面取りつつ手札枚数を減らさないカードも必要です。





理想的な回し方のイメージは下記でしょうか。適当ですが。

先行
(1)サークル
(2)ベルエンジェルorウォーター等
(3)エンシェントでフォロワー回収
(4)運命+森荒らし・・・・(墓場10-15)
(5)回帰で相手の進化をキャンセル
(6)ビースト進化
(7)リノセウス+導き+リノセウス
(8)エンシェント+運命+ウィスパー・・・・(墓場25-30)
(9)冥府+冥府+ベルエンジェル

後攻
(1)メイorウォーター
(2)森荒らし
(3)運命+サークル
(4)フェアリー2ワンダー
(5)回帰
(6)フェアリー+リノセウス+妖精
(7)メイ+ビースト
(8)ウィスパー+サークル+運命+リノセウス
(9)導き+冥府+森荒らし+エンシェント

冥府エルフというデッキは基本的には、"「新たなる運命」で山札40枚から30枚近くを使いきるデッキ"になります。よって、出来るだけたくさんドローして、適切なカードのみを使用していき、そのターンに必要ないカードを素早く墓地へ送り出す、という流れになります。


<マリガンについて>

マリガンでは、運命1枚と、ベルエンジェルかワンダーメイジ、そしてフェアリーウィスパーかサークルを探します。
先攻か後攻か、相手のキャラにもよりますが、基本は運命やデッキからドローできるカードを優先しています。ドローカードが一枚もないと詰んでしまうので、常にドローし続けられる状況を作る事が安定させやすいのかなと思っています。

8/15のアップデート前は収穫祭最優先でしたが、現環境では2、3ターン目からカードを引けるベルエンジェルや4ターン目にカードを引けるワンダーメイジの方が回転が早いです。
しかしそれよりも運命かリノセウスが来ないと話にならないので、運命優先で回しています。

必須カードが手元にくる確率は、運命は3/40(8%)、リノセウスは3/40、冥府は3/40、サークルとウィスパー等は6/40、ドローカードが6/40、エンシェントが3/40。
そのうち序盤に欲しいのは運命かなーと思っています。リノセウスや冥府はむしろ後半に欲しいし、その他はバランスよく手元に来て欲しい。



私個人はそう考えてますが、マリガンで運命探す派は他サイト等読むと少数派みたいです。サークルやワンダーメイジ派が多いようです。
エルフが最も苦手な2,3,4ターンをしのぐために森荒らしを探すという人も多い です。メイも序盤かなり強いです。相手がアグロよりならば序盤についた差でそのままゲームが決まってしまう事も多いです。

自分が先行の場合は運命をキープしてしまうと2,3,4ターンにプレイするカードがなくなってしまい何もできずに負ける場合もあるので運命はキープしない主義の人も多いです。5,6ターンで運命もリノも拾えず泣くパターンとどっちが多いか...という体感だけなので、人それぞれ自分がストレスを感じないマリガンを探すしかないかもしれません。

序盤に不要なカードとしては、冥府・ビースト・回帰といった4コスト以上のカードです。3コストのエンシェントは序盤から強いのでキープするのもありかもしれません。リノセウスも5ターン以降でないとイマイチ効果的な使い方がしにくいです。5ターンの4ダメ、進化6ダメあたりで活きてくるカードかなと思います。

マリガンで運命を探して出てくる確率は3/40x6。自分先行で6ターン目までに運命引ける確率は3/40x9=大体3/5くらいでしょうか。(ワンダーやベルエンジェル等ドローソースを2回使うと考える)
ドローしたカードが運命である確率が1/7だと考えれば、手札8枚あれば多くの場合は運命が出てきます。その確率こそが冥府エルフの勝率かなと思います。7枚ドローしてその度に運命が入っている確率が、そのまま勝率につながるのかな、と思います。
つまりは、マリガンで運命キープするなら手札が8枚になるまでに、残り5~10枚引くまでにもう1枚運命がくる確率はそこそこありますし、マリガンで運命を蹴るならその後の6ターンで運命を引く確率は6割くらいに低くなるようです。

どちらも確率論で考えれば大差ないので、運命引けずにジリ貧で負けるのが嫌か、2,3,4ターンの手札事故で殴り続けられるのが嫌かの差なのかな、と考えています。事故ると4ターン目でHP10まで減らされてそのままフィニッシュされる事もあります。



<2通りのフィニッシュについて>

冥府エルフ型の場合は敵の体力を削りきるフィニッシュの形として2パターンあります。
墓場を30枚ためて冥府への道を発動させる
疾走効果つきのリノセウスで敵リーダーを攻撃する

(2)のリノセウスパターンでは同じターンに多くのカードをプレイする必要があるため6、7、8ターン目くらいで順次6ダメージ程与えるイメージです。
(1)の冥府パターンは早ければ6ターンくらいで可能ですが、盤面抑えつつ無理なく冥府に繋がるのは7、8ターンで発動させて、9、10ターンで削りきるイメージです。足の速さでいえばミッドレンジに近く、コントロールデッキがサタンや超越を出す前に削り切りたいです。

運命とリノセウスが手札にくる確率は同じです。しかし運命をまわさずに適切な導きとリノセウスそれぞれの枚数が手札に揃う確率は少し下がるので、基本は(1)のパターンの方が成功率は高いです。だとしてもリノセウスは出来るだけ相手の顔面を殴るのに使いたいです。
また妖精のイタズラや根源への回帰、エンシェントエルフなどを多めにデッキに入れておくとそれだけリノセウスを使いまわせる確率は上がります。



<カードのプレイについて>

さてはて、マリガン後の序盤、1、2、3、4ターンは手札を増やしつつベルエンジェルやワンダーメイジ等でドローをしていきます
手札を増やすには、フェアリーサークルやフェアリーウィスパーやプリンセスメイジでフェアリーを2枚入手するのが早いです。
それと合わせてカードをドローして手札の枚数8枚を目指します。早い段階で自然の導きが手元にあるならそれもドローカードとして使ってしまいます。



手札が7、8枚になったところで運命があれば運命を切ります
私は多くの場合は手札7枚で運命を使います。理想的には8枚で回したいですが、あまり欲張ると2枚目の運命が手札に来ることが多いので目安として7枚としています。
最短パターンでは自分が後攻の場合で1ターン目にサークルをプレイすれば、2ターン目に手札7枚で運命を回せます。自分先攻なら3ターン目です。



冥府3枚挿しのデッキならば最初の1枚は運命の肥やしにしてしまいます。
2枚目の冥府なら場に出してその後運命します。
序盤のリノセウスも大体肥やしとして捨ててしまいます。エンシェントエルフは手札枚数も増やせるので運命前に場に出す事が多いです。
回帰やビーストはコストが大きく運命切るのが遅れる事があるので序盤なら運命の肥やしにしちゃってます。
一回目の運命が5、6ターンで切れれば、そのまま(1)の冥府パターンを目指します。切れないようであれば、(2)のパターンとしてリノセウスとエンシェントエルフを使って敵リーダーの体力に直接攻撃する事を考えます。



1回目の運命を切った後に更に手元に運命があれば、ほぼ冥府パターン完成です。あとは多少強引にでも墓場を30枚にします。墓場が足りなければ手札を溢れさせて、ドローでも墓場送りにします。
大きな注意点は、手札に冥府などフィニッシュまでに必須カードがある事を確認して、ドローで必須カードを消さないようにする点です。



1回目の運命後に更に手元に運命が来ずリノセウスが来るならば、リノセウスパターンを検討します。目安として私は5、6ターン目に手札にリノセウスがあれば視野に入れます。
リノセウスが1、2枚。そして自然の導きや妖精のイタズラ、エンシェントエルフ等手元に戻す手段があれば、フェアリーなどでプレイ数を稼いで1つのリノセウスで6ダメージ程与えるのを3回ぐらい行えれば敵体力を削れます。
リノセウスパターンの注意点は、早い段階で決着を急いでしまい敵体力を削り切れない事がないようにする事です。また、ずるずると決め切れないうちに大型守護や回復や強力フォロワーを出されてしまうと、決定打を打てないまま押されてしまいます。
足りない場合はエンシェントエルフやビースト、プリンセスメイジ等の大型フォロワーの進化で少しダメージを足すことも出来ますし、手札が回っているようなら最後だけ冥府で逃げ切ってしまう事も状況によっては可能です。



基本は運命を回して冥府を目指しつつ手札がリノセウスパターンに向いていて、場に大型守護が並びそうもないならリノセウスパターンにもっていくイメージかな、と私は思っています。

どちらでフィニッシュさせるか、という方針を決めるのが難しいですが、これは環境や、自分の手札や戦況、相手のリーダーやデッキタイプ、先攻後攻によっても左右されるため、自分で回して経験積んで、少しずつ自分なりの判断基準を作っていくものなのかなーと漠然と思っています。


<リノセウス算について>

私が冥府エルフを回すのが下手な理由として一番大きいのはリノセウス算が苦手な事です。
下記は、情けなくも計算ミスした時のスクショです。



9ターン
・手札:リノセウス2枚自然の導き1枚
・EP1
・敵残り体力:13
・出す順番:1 1 リノ3 導き リノ5 リノ6進化
・コスト: 1+1+2+1+2+2=9
・ダメージ量:3+5+8=16

9ターン目に手札にリノセウス2枚と自然の導きが1枚あった場合です。進化も一回分残っています。
上手く回せるとダメージ量16を稼げるところを失敗してしまいました。

リノセウスの素早いダメージ計算は慣れも経験も必要なのかな、と思います。

ちなみに上記条件で8ターン目だったら最初のフェアリー等1コストが1枚減って、ダメージ量は2+4+7=13。

7ターン目だったらダメージは、1+3+6=10。

10ターン目だったらフェアリーが1枚増えて4+6+9=19。
フェアリー+フェアリー+フェアリー+リノセウス(4ダメ)+導き+リノセウス(6ダメ)+リノセウス進化(9ダメ)。
コストは1+1+1+2+1+2+2=10

11ターン目は場の上限と最大PPより同じ19です。

もしも、導きが2枚あれば10ターン目でリノセウス+導き+リノセウス+導き+リノセウス+リノセウス。
コストは2+1+2+1+2+2=10。
ダメージ量は1+3+5+8=17。

10ターン目にカードが揃っていたらほぼほぼ止めをさせるようです。
上記のSSは理想的に進めていたのにミスしてしまって実に勿体無い敗北でした。
相手の体力も頻繁に変化するヴァンパイア戦などでは素早い計算能力が勝負を決めそうです。

リノセウスパターンでもフィニッシュの目安は8、9ターンかなと思います。



リノセウス1枚と自然の導き1枚ならば…
7ターン:フェアリー+フェアリー+リノセウス+導き+リノセウス進化=3+7=10
8ターン:フェアリー+フェアリー+フェアリー+リノセウス+導き+リノセウス進化=4+8=12
9ターン:フェアリー+フェアリー+フェアリー+フェアリー+リノセウス+導き+リノセウス進化=5+9=14


リノセウス1枚と自然の導き2枚ならば…
8ターン:リノセウス+導き+リノセウス+導き+リノセウス=1+3+7=11
9ターン:フェアリー+リノセウス+導き+リノセウス+導き+リノセウス=2+4+8=14
10ターン:フェアリー+フェアリー+リノセウス+導き+リノセウス+導き+リノセウス=3+5+9=17


リノセウス3枚ならば…
7ターン:フェアリー+リノセウス+リノセウス+リノセウス進化=2+3+6=11
8ターン:フェアリー+フェアリー+リノセウス+リノセウス+リノセウス=3+4+7=14
場がフォロワー5体で埋まるので自然の導き等手札に戻すカードがないとダメージ量が伸びにくいようです。リノセウスが3枚ならば複数ターンに分けて使用した方がトータルのダメージは増えそうです。

結論としては、リノセウス2枚と導き1枚がダメージを伸ばしやすいです。
また、ターン数にも因りますが、リノセウス1導き2の場合と、リノセウス1導き1のダメージ量はあまり変わりません。

ターン数が小さい場合はバウンス出来るカードを最後に使ってリノセウスを手札にキープしておきたいです。
ターン数が大きい終盤ならば、リノセウス+エンシェント+リノセウス(=7コスト)も効果的ですし、リノセウス+回帰+リノセウス(=9コスト)や、リノセウス+妖精+リノセウス(=6コスト)など導きがなくてもダメージを出すことは可能です。


リノセウス算一覧(間違ってたらスミマセン)
手札\ターン数  6   7   8   9   10 
 リノセウス3枚EP0 6 9 12 12 12
 リノセウス3枚EP1 8 11 14 14 14
 リノセウス2枚自然の導き1枚EP0  - 8 11 14 17
 リノセウス2枚自然の導き1枚EP1  - 10 13 16 19
 リノセウス1枚自然の導き2枚EP0  - - 9 12 15
 リノセウス1枚自然の導き2枚EP1  - - 11 14 17
 リノセウス1枚自然の導き1枚EP0  6 8 10 12 12
 リノセウス1枚自然の導き1枚EP1  8 10 12 14 14



★シャドウバース
冥府エルフ
ロイヤル


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

PR
★シャドウバース  冥府エルフロイヤル



最近、生まれて初めてスマホゲームで遊んでいます。
シャドウバースというカードゲームです。
元ネタといわれるハースストーンは何となく機会なく遊んだ事はありませんでした。
大昔に遊戯王を少しだけかじった事があります。

カードゲーム初心者でも気軽に扱える操作キャラクターがいるのでお勧めしてみようと思います。



簡単に説明すると「火力キャラ」です。特殊な搦め手ではなく、とにかく強いカードを並べてゴリ押しする勝ち方になります。
つまり、初心者でも扱いやすい性能です!!



エリカちゃんはキャラクターデザインも可愛いメイドさんなので、多くの人が入りやすいキャラだと思います。

下記は私がリセマラして作ったデッキです。無課金でも運が良ければ(?)このくらいなら作れました。Aランクで勝率7、8割くらいです。


下記は、攻略サイトなどでよく取り扱われる有名プレイヤー考案のrizer式ロイヤルデッキです。



ロイヤルは他のコントロールデッキのように手札に強いカードが来るまで耐えるタイプではなく、コスト順にフォロワーを並べていければ大体勝てます。上級者同士ならそれだけではないでしょうが、1日1時間ライトに遊ぶ程度なら、ただただ順番に出す事を意識すれば良いです。



マリガンは低コストのカードが1、2、3と手に入るようにします。
2、3、4でも良いです!
写真はかなり運よく1、2、3、4、5と各コストのフォロワーが入手できた理想的なパターンの状況です。



さらに理想を語れば、序盤は2コストの不屈の戦士から、3コストのフェンサーに繋がると3ターン目に攻撃力が4となり非常にテンポが良いです。
ビショップの教会の守り手なども突破できるのでこのパターンは強いです。



4ターン目は、自分が先攻ならばホワイトジェネラルで兵士フォロワーをブースト出来ると強いです。



自分が後攻ならば、フローラルフェンサーを進化させたいです。
フローラルフェンサーの進化が非常に強い!
4コストで7/8の3フォロワー分を出せます。
早めにテミスや腐の嵐黙示録回帰チェインなど全体除去を誘導出来る点も優秀です。



5ターン目は押されているようならオーレリアを出すのが強いです。
4ターン目に展開したフローラルが残っているようなら風神でブーストしてそのままアグロ気味に押し切ると綺麗に勝てます。風神は単品だと弱いのであまり枚数を入れ過ぎない方が事故率は低減します。



6ターン目に乙姫展開して、7ターン目にセージコマンダーを出してフィニッシュするのが一番理想的です。



乙姫セージが決まれば、よほど自分の手札が事故っていて相手が運が良過ぎない限りは勝てると思います。



セージが来なくても風神でも代用になります。
展開用のフローラル3枚乙姫3枚、ブースト用のセージ3枚風神1枚、苦肉の策としてフェンサージェネラルで代用します。
親衛隊を4枚ブースト出来れば8ダメージ与える事が出来るので7、8ターン目としては非常に強いです。



環境依存になりますが、ツバキを少し入れておくと、数少ない除去カードとして終盤に活躍してくれたりもします。



シャルロットやフロントガードでも良いですが、事故率低減できるアルビダの号令も地味に使いやすいです。
接戦を制するのに守護や疾走が活きる場合もありますが、乙姫セージやフローラル風神、オーレリアツバキが出せない場合の次点の手段として場に出すケースが多いです。



まとめると…、必須カードは下記でしょうか。個人的な感覚で重要度別にカードを分けてみました。

Sクラス(3枚必須)
・[6]乙姫
・[6]セージコマンダー
・[6]フローラルフェンサー
最初から無料でセージもフローラルも入手できるのでロイヤルは最初から強めのデッキを組みやすいです。

Aクラス(ほぼ必須)
・[2]不屈の兵士
・[2]歴戦のランサー
・[5]オーレリア
・[2]メイドリーダー
・[4]ホワイトジェネラル
・[3]フェンサー
・[3]ノービストルーパー
優秀なブロンズカードも多いですが、レジェンドも多いです。反面、ゴールド率は低いです。

Bクラス(出来れば欲しい)
・[1]クイックブレイダー
・[3]わがままプリンセス

Cクラス(環境による)
・[6]ツバキ
・[5]風神
・[1]ヴァンガード
・[6]アルビダの号令

Dクラス(採用しない人も居る)
・[3]ジャイアントスレイヤー
・[5]エクスキューション
・[7]フロントガードジェネラル
・[8]シャルロット
・[8]ルシフェル
・[10]サタン
これらは余裕が出てからノンビリ揃えていってよいと思います。



★シャドウバース
冥府エルフ
ロイヤル


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想


過去のダーナが何故現代に居るのか、とみんな疑問を抱きます。


そうこうしているうちにまた迎撃戦が始まります。



ダーナが加勢してくれました。



ダーナは島の沖にいる船を沈めた化け物…オケアヌスについては、バハの塔にデータがあるかもと教えてくれます。



途中、シルヴィアという元気すぎるお婆さんに出会いますΣ(・□・;)



船員だったカシューに再会します。



バハの塔の中層でやっと二段ジャンプをゲットします。
ゲームが基本的に二段ジャンプありきで設計されているのでもう少し早く入手可能でも良かったかなと思いました。



バハの塔の最上階でオケアヌスは巣で仕留めると良いという情報を得ますが、巣の場所が分かりません。



漂流村で幽霊船が出たと話題になり、船が脱出に使えないかと調査する事になります。



東の岬に幽霊船を探しにきます。



途中のクエストでアリスンの旦那と出会います。



幽霊船にて大海賊の怨念を倒します。
この後、幽霊が改心して長い会話イベントが続くのですが蛇足だなあと思いました。最近のファルコムは冗長すぎて想像を楽しませるストーリー作りが出来ていないなあと思います。



改心した幽霊から、島の周辺の海流の流れを記した海図を貰います。オケアヌスの周回ルートも記載されていました。都合良くてラッキー。



海図を読み解くとオケアヌスの巣は王宮跡の海底へと続く大穴のあたりだと分かります。



過去のダーナが神籬の木で王宮を崩れないようにしてくれました。
王宮内から少しずつ下へと降りていきます。



中ボスを倒すと、水中で呼吸が出来る冒険具を入手します。



オケアヌスを漂流村のみんなが巣に追い込み、巣で待機していたアドル達が仕留めます。



周りのタンポポっぽい爆弾を当てて倒します。
どうも操作性が変わるので難しいボスでした。



オケアヌスを倒した後、ダーナは自分の過去を夢見て知ります。隕石が降ってきて王都を襲いました。



魔法の力で壁を作ろうと計画します。



しかしながら、隕石の数が多く防ぎきれませんでした。



壁を破った隕石が王宮に穴を開けます。



理力塔に助けに向かったダーナは霧に包まれ不思議な古代種と戦う事になります。



腕に不思議な紋様が浮かびます。



定番の黒ずくめが現れます。
ファルコムゲーで姿隠すのは基本知り合いなんで、この時点でオルガかサライしか選択肢がないという…。



目が覚めたダーナは記憶を取り戻すために王家の谷を目指します。



途中でラクシャの執事と合流します。



王家の谷の奥でダーナは大樹の本質を知ります。
繁栄しすぎた種を天変地異で淘汰する「ラクリモサ涙の日」を起こす…。



大量発生した古代種を調べるうちアドルも霧に覆われて不思議な古代種と戦います。
そして、アドルの腕にも同じ紋様が浮かびます。人間に対しての淘汰が始まったそうです。



王家の谷に地下深くに眠るセレンの園の木はラクリモサに対抗する最後の手段だとか。



各地を回るとグリゼルダに会います。



大樹の中に入り、大昔にラクリモサで滅びた魂を解放しようとします。



進化の守り人の想念とやらと戦います。
龍の人は周りの魚にタックルで落とされないように注意します。



牛の人は、モーションしっかりみて早めに大きく回避を入れる。



蟻の人はダルクファクト様タイプ。
足場がなくならないうちに早めに決着つける。



ウーラは有翼人なのかな?
とくに突っ込みもなかったので過去の加藤イースと今の近藤イースは別の世界と思った方が良さそう。



裏のラスボス。



島に残るダーナとお別れして無人島を出発します。

最後の夢オチがどうのこうのは、完全に蛇足で不要だったなーと思いました。



アドルの旅はまだ続く…と。
今回出てきた大地神マイアの他に海と空の女神がいるとか。
次回作はそのどっちかの話になるのかなと思いました。


今作は、アクションゲームとしてはマップも魅力的でスキルも多様であり、よく作りこまれていましたが、会話イベントは長めであり、音楽もやや静かめだったので、ps4版や次回作ではもう少し改善してイースシリーズの良さを前面に出してもらいたいです。

また、次回作は2・3年後くらいの短いスパンで出して頂きたい。せっかく良いゲームを作っても若者層への知名度が低いことで売上が伸び悩むのは勿体無いです。


*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想

 島の南側は一通り探索できたので中央の山に登ろうということになります。
個人的に小舟作って浜沿いに漕げば北に行けるんじゃ…。と思う。北はあまり浜辺がないのですけど。



古代人の声を聴けるアドルの超人能力で、過去のダーナさんが木の枝で道を作ります。



山の中腹で立派な小屋を発見します。



古代種と戦えるリコッタという少女に出会います。なんとこの島で生まれ育ったようです。無人島じゃなかった…!



頂上で、鶏みたいなドラゴンを倒します。
ダークソウルでいうと月下蝶タイプ。ワンダでいうと6番目?の飛行型の巨像。
自分達の足場は限定されているので相手の攻撃に合わせて回避してすかさずカウンターを入れます。
イースのボスとしては珍しいタイプかもしれません。


頂上から北部を見ると、なんと!大きな古代遺跡が見えました!
北の端は海の底へと大きな穴が開いています。

ついにイースらしい展開!!
ワクワクしてきたー!

天蓋山道というマップを下山しますが、このエリアの音楽がいい!
イース8の中で一番好きです。



北部に降りるとそこは恐竜の楽園でした。



タイマン出来る場合は倒しますが、複数体の場合は大人しく逃げます。
雑魚が強い、というのも今作の魅力です。あんまり味方が強いとボタン連打の作業ゲーになっちゃうしね。



王都遺跡への道は過去のダーナが切り開いてくれます。



過去の世界に生きるダーナは、予知能力で現代のアドルと意識を共有していきます。(自分はアドルも古代の声を聞く才能があるんじゃって思う)



「繁栄を謳歌するエタニアの王都アイギアスが何故滅びるのか」そのダーナの疑問が物語のメインテーマとなってきます。



巫女に選ばれたダーナは、幼馴染の女王サライや祭儀長オルガと共にエタニア史上「最も幸福な時代」を築き上げます。



未来のアドルの意識を通じて、過去のダーナは滅亡の理由を探るため、アドル達の道を作り上げます。



アドルが夢を見ると過去のダーナが切り開いた道が出現します。



過去から導かれてアドルは王都遺跡へと足を踏み入れます。



アンコールワットをイメージしたであろう大きな都市遺跡を探索するうち人影を見つけます。





その人物こそリコッタの義父であり、漂流者の先達でもあるタナトスでした。



タナトスはアドルの話を聞き、大樹の神殿に気になるものを見かけたといいます。



いよいよ遺跡探検の総本山です。
ワクテカして先へ進みます。



久々のボスです。回避やガードしつつスキル連打でゴリ押ししました。









「親方!空から女の子が!」
アドルとダーナはまさかの会合を果たします。

Part4に続きます


*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想



ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想


島の南西側はある程度探索できたので
東側を探索することになります。


今作は要所要所でボスより強い雑魚敵が出てきます。序盤に出会いますが終盤まで倒すのが難しいです。
初代イースと違い、今作はシナリオは一本道なんですが、強い雑魚敵やストーリーに絡まないオマケエリアが追加されている事で一本道感も少なく、ユーザーに任されている自由が多いように感じられるようになっています。
所々に強過ぎる雑魚敵がいるので、やり甲斐があるのが良いですね!



真っ暗な洞窟でシスターと合流。ストーリー上の必須キャラではないみたいです。



銃剣を持ったヒュンメルが仲間になります。厨二病患者のちょっとダサい少年です。
過去作はガッシュやファクト一族やチェスターなど美青年も出てくるものでしたが、今作は美青年が出てきません‼︎‼︎‼︎
ヒュンメルがダサイのでイケメンはアドル一択になります(笑)
アドルは美青年というよりまだ少年だからなぁ。
タナトスとかエアランとか船長とかドギとか執事さんとか、かっこいいおじさんは多いのですが…。



中央の大峡谷奥から暗い鍾乳洞の洞窟へ入ります。



ボスは定番の蜘蛛さん。
閃の軌跡にも東京ザナドゥにも蜘蛛のボスが居たし、ダークソウルなんかでも必ず出る定番ボスですね。



ピッカードと生意気な少年を拾います。


商人の娘から虫の巣駆除薬を買います。



東側の森の入り口でロムン帝国憲兵のエアランに出会います。今作のナンバーワンツンデレキャラ。こういう職人気質のおっさんはリアルに多いので別に萌えない。仕事熱心なエアランはいい男だとは思いますが。



東の丘で逞しいベテラン主婦に会います。彼女も多分必須キャラではない。



南西の大きな森へ進みます。
拠点から見える大きな木もこの辺なのですが出てこないので、PS4追加ダンジョンかもしれません。



動く木のボスです。根っ子の実を攻撃していきます。なかなかダメージを与えた実感の掴みにくい難敵。



背中の卵?を攻撃して陸地にあげたところにエクストラスキルをぶつけます。



森を抜けた先で研修医のリヒトに会います。



その帰り際に船長が何者かに襲われます。船長と話していると外でカーラン卿も切り裂き魔に襲われます。

(1)船長を襲った人は男声だった
(2)アドル、ザハド、ラクシャ、ヒュンメル、リヒトには船長を襲えない
(3)船長、ドギ、エアラン、アドル達、アリスンが室内にいる間にカーラン卿は襲われる
(4)リヒトは医大研修医

ここまできたら、リヒトはキルゴール先生の交代要員だと読めます。



次第に本性を現す殺人鬼。
閃の軌跡は戦争物でありながらほぼ死人が出ませんでしたが、今作ではしっかり悪人が出ました。ユーザーの声を聞いて柔軟に対応してくれたと思います。



船長を殺して逃走したキルゴールは最後には肉食竜に食べられちゃいました。

Part3に続きます。


*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想



ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想



久々に完成度の高いゲームがでて、個人的にはやっと堂々とこの会社を応援できそうかなっと安堵しています。

現在2週目していますので
のんびりプレイ日記も書いていこうと思います。



オープニングは豪華客船の船上で始まります。
慣れたユーザーは「ああ、この船が難破して遭難するのねー」って早速察します(。>∀<。)



相変わらず人物のポリゴンは完成度低いですが、アドルは声優さんが主人公が上手い梶さんということもありイメージ損ねることなく、赤毛の優男という感じそのものです。



ところが、漂流するまでが意外と長い…。
シンプルなストーリーがイースの魅力だったのですが、随分長い会話が続きます…。



しばらく船上で会話イベントが続くとやっと船が魔物に襲われます。
今回長いねーっと我が家の家族全員の呟き……(´・ω・`*)



オープニング曲はイースとしては珍しく静かで神秘的で大人しい曲でした。
ここで、家族みんなで「あれ?」と首をひねる。
特に私はYs6やYsオリジンのオープニング信者なので、熱さが足りない!とけっこう不満なテーマ曲でした。
オープニングとしては初代に近いかもしれません。



やっと漂流してくれたアドルさん。
今回は記憶喪失ではないんですね。
Lvは1からまた再スタートなんですが(笑)
特に女の子が起こしてくれるわけでもないので、寂しく一人で起きます。



しばらく歩くと都合よく素っ裸の女の子と遭遇します。
またラブコメ化か…。我が家では非難轟々…。
ファルコム終わったなと、今回はイースまで駄作かもねと消沈するリビングの空気……(T_T)



閃の軌跡、東京ザナドゥ、イース8と3作続けてツンデレヒロインですが、結局どの少女も萌えないし可愛くない。ファルコムはツンデレが描けないみたいですね。
フィーナのようにお淑やかなタイプや、エステルのように活発で行動力あるタイプ、レンやティータのようにロリは強いんですが。



最初のボスはコウモリさん。
横降りの攻撃をフラッシュガードかフラッシュムーブで防いで横に回り込めれば、ノーダメージで安定して勝てます。プレイヤー側の身体が大きくなったこともあり、過去作よりも攻撃を当てやすくなったかな。全方向波状攻撃だけジャンプで避けたい。
倒したら船長と合流でき、アドルは残りの漂流者を探すことになります。



最初のボスを倒して、操作性も良いと、リビングの空気は一転してワクワク期待モードになりました。
フィールドの開放感も良く、戦闘アクションはイースの良さが残ったまま進化してました。



2番目のボスは、恐竜さん。
頭にダメージが入りやすいので、イースらしいジャンプ攻撃が映えます。



ザハドさんが仲間になり、ドギとも合流出来ました。



ドギと合流出来たことで、船長とドギは拠点強化係となり、アドルとラクシャとザハドは生存者捜索係と分担します。
漁師ザハドが仲間となり釣りも出来るようになりました。また釣りか…。軌跡じゃないんだから、とは思いますが無人島という舞台にはよく合っていました。

今作冒険日誌というブレイザー手帳のようなものがあり、人物ノートや好感度まで設定されている…。
イースはハクスラのアクションゲームとして評価を得たタイトルなので、余計な作業はいらないんですが…。
まあ軌跡のようなネタバレ必須の酷いやり込みはあまりないので片手間にやってればコンプリート出来る程度でした。



ついでに料理まであります。
無人島での生活というストーリーにはあってますはこれも軌跡とまったく同じシステム…。
『アドルの軌跡』っていうゲームをプレイしている気分になってくる……(;_;)



南の端の海岸で美人でお淑やかな人妻と合流します。流石のプレイボーイなアドルも彼女には手を出さない。アドルは実に上手く漂流村に馴染んでいきます。



島の南西にあるサンゴ礁が隆起した森に辿り着きます。
少し進むと村が獣に襲われてると教えられます。
ということで迎撃戦というミニゲームが始まります。
これがまた…、良くも悪くも無双ゲー。出現位置覚えて、レベルとスキルレベル上げて、装備を整えるだけ…という。というのも敵一体一体は一瞬で倒さねばいけないバランスでほぼ敵を探し回る時間というストレスゲームになっています…。
ネットの口コミではアクション嫌いでJRPGの方が好きという層には受けているようです。これが標準になったら嫌だなー。ファルコム勘違いしそうですね…。
個人的にはもっとボスラッシュでメリットが欲しかったです。ボスラッシュはアイテムもなくトロフィーも関係なく冒険日誌にも載らないという不遇っぷり。今のファルコム上層部がどれだけアクションに興味ないのか分かる気がします…。



森の奥で、お医者さんのキルゴールさんと、ロムン貴族のおっさんと合流しました。



優しげなキルゴールさん



偉ぶったカーラン卿
漂流村では使えない働かない人物なんですがこういう無能も居ることでちょっとリアリティが沸いてきます。



骸骨となった死体からツタを登れる手袋を入手します。



冒険具を手に入れることで、進める場所が増えていきます。



西の森のボスはカメレオン。
舌はジャンプかガードで防ぎ、回避が使いにくい足場です。姿が見えた時にスキルを多用してごり押し。



西の浜辺で武器屋さんをゲットしました♪

Part2に続きます。



*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想


待ちに待ったイースの新作が出たのでプレイしました。
クリアしたので感想と評価のレビュー落としてみます。


ファルコムのゲームとしては久々の良作でした。イースシリーズの良さも残っていますし、セルセタと比較してもグラやアクションの質そして冒険の臨場感が改良されていると思います。冒険モノが好き、アクションRPGが好きならば是非ともお勧めしたい作品でした。
気になったのは音楽はイースとしては大人しく無難な雰囲気な事と、イースとしては冗長なセリフ回しが多めだった事くらいです。
参考までに、この会社のゲームはイースと英雄伝説は全作品プレイ済み、その他毎年1作づつくらい遊んでいました。ファルコムサウンドはCD購入やライブに行くほど好きで思い入れがあります。

★良かったところ

(1)マップの臨場感
まさに無人島を冒険している臨場感が楽しめます。同じ景色ばかり、ということはなく、毎回新しいマップに行く事が楽しくて楽しくてついつい夢中になってしまいました。前作東京ザナドゥはマップがつまらなかったので良く改善してくれたと思います。探索ゲームとしては最高峰の1つだと思います。

(2)メインストーリーが良かった
無人島の探検をはじめ、シリーズ定番の高度な古代文明が滅びた謎を追いかけていくストーリーがYsシリーズの中でもかなり面白い方だと感じました。
単に悪の大魔王とかでないのが良かった。最後のオチは過去作否定感があるけどまあ深く考えない。

(3)ヒロインのキャラ
ダーナのキャラも魅力的で良かったです。青髪ということでYs1やYs6のお淑やかなキャラをイメージしていましたが、ダーナはお転婆でありながら、行動力も度胸も優しさもあり、それでいて女性らしさも感じられ、ダブル主人公にふさわしいヒロイン像だったと思います。

(4)さくさくな操作性
ハクスラのアクションものとしては相当レベル高いと思います。シリーズでも人気高いジャンプを取り入れた立体的なアクション、間合いをつめるスキル等調整しだいで思い通りのアクションが3Dで楽しめます。流石の老舗と思わせるバランス調整の上手さを感じました。閃の軌跡からグラフィックを変更したことでファルコムは顔グラやモーション等々批判が絶えず実に不安でしたが、イース8では戦闘アクション面では過去作やセルセタの延長線として正当進化に相応しいレベルまで向上していると思います。

(5)プレイ時間
現在80時間プレイして、1週目後にボスラッシュもして今2週目です。やっとトロコンしました。過去作は20時間程でしたので倍以上のボリュームがありました。ストーリーを追うだけなら40時間くらいだと思います。

(6)イベントスキップの追加
新作でる度に毎年会社アンケートに要望を出し続けてもはや10年近くたちましたが、ついにイベントスキップを実装してくれました。イベントに興味はないけどアクションRPGはやりたいという層や2週目も楽しみたいコアファンにとっては本当にありがたい機能です。

(7)やりこみ要素が多い
人物ノートやプレゼントや好感度等の作業やりこみはアクション好きから見たら苦痛なので、もう少しやりこみ内容も軌跡と同じではなくイースに合ったものを考えては欲しいですが、定番の地図埋めやボスラッシュなどもあり個人的には満足です。ストーリー進行とともに村の機能が拡張されるのは達成感もあり面白かったです。

(8)グラフィック
個人的にはアクション目的の購入でしたので気になりませんが、他の大手RPGメーカーや海外メーカーと比較するとキャラのグラフィックは一世代前のレベルです。この会社のポリゴンが苦手ならば今作でも気になると思います。
けれど、マップにおいてあるちょっとした岩や建物などは重複しないものも多く、マップ構造も多様なので、世界観の表現においては心配していた程ではないと思いました。きちんとマップが作りこまれており、自由にどこでもアクションが出来るのでアクションRPGとしてはむしろ良い方かもしれません。超リアルな映像美でもなく凝ったムービーもありませんが、ゲームに必要な点はきちんと満たしていると思います。

★悪かったところ

(1)イースらしさの少なめなBGM
オープニングも静かめなインスト曲でしたし、Theファルコムサウンドと呼べるメタル調の明るい曲は中盤のダンジョンくらい。歴代ファンとしてはいまいち盛り上がりに欠けました。ハードルだけ高い懐古厨の意見ですが、過去の熱い名曲たちtomake,mighty,release,バレスタイン等は今でも聴いています。
オープニング曲は中盤から頻繁にアレンジされて印象変えて流れてきます。ラクリモサというテーマ性やストーリー性は伝わってきます。が、欲を言えば熱い曲が終盤にも欲しかった。10年後に人気アンケートに残る曲は今作は少なそうです。
下記と合わせてやや軌跡ファンを意識した変更点かなと思いました。

(2)会話が冗長
これも軌跡シリーズからのファンを意識して、会社としては戦略的に変更したのでしょうか、アクションものなのにいちいちイベントが入り、時にはラブコメっぽい展開があったりと長ったらしく感じました。自分としてはオープニングで難破して、漂着したところから開始くらいで良かったのですが...。ラクシャ登場イベントも軌跡らしいラッキースケベ的展開といちいち長い、と感じました。
ゲームとしてはアクションと冒険感で勝負出来ると思うので、他はもう少しシンプルな方が遊びやすいです。
売り上げ的には軌跡の方がファンが多いのでイースファンは我慢するしかなさそうですが残念ではあります...^^;;
女性キャラの露出が激しいのも微妙だと思います。

(3)ロードが長い
一つ一つのマップの出来が非常に良いので、ぜんぜん我慢ができましたが、これでゲームがつまらなかったら放棄してしまうくらい長いです。

(4)マルチエンディングの条件
あまりネタバレせず一週目クリアしたのですが、途中のデータをロードしてノーマルエンドを見ようと思ってもどうしても真エンドになってしまいました。真エンドはもう少し条件が厳しくても良かったと思います。

★総評
前作、前々作が微妙だったのでやってみるまで心配でしたが、始めたら思いのほか楽しくて夢中になりました。個人的にはオリジンに次ぐくらい歴代Ysの中でも面白かった。冒険は何歳になってもロマンそのものです。探索モノが好きな方に熱くオススメします!!

軌跡シリーズと比較すると若い層に知名度が足りていないのか売上が伸び悩んでいますが、ゲーム全体としては非常にバランス良くまとまっています。アクションが苦手ならばEasyモードでスキルを連打していれば育成も楽しめますし、レベル上げをすれば楽になるシステムです。ハクスラよりのアクションが好きならば戦闘面はきっと楽しめます。
昔から派手さはないものの手堅く手のこんだゲームをつくるメーカーの看板タイトルです。ぜひぜひ多くの方に手にとっていただきたい名作だと思います。


追記
Amazonにほぼ同じ内容のレビューを書いたら記事削除されました…。
他に業者っぽい異様な共感数のレビューなんかあるのに…。
自分は真面目に良かった点と悪かった点書いただけなのに…。
二度とAmazonレビューは書かないと思いました…(´・ω・`)
ファルコムも余裕ないのか批判意見を必死で消してそうですね;;
Amazonは長ったらしいシナリオ褒めるレビューばっかりで純粋にゲーム性やアクション褒めるユーザーが居なくて、ファンの質が酷いなあとも思います…。



*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

★おすすめ素性
ステータスのうち、普通に攻略するだけなら一番使わないステータスが「」になります。
よって、運の低い素性を選ぶことが一番効率がよくなります。

ただ、レベルとステータス効率が重要になってくるのは、対人のマッチング関連なのでやりこみをする予定もないのであれば、そこまで気にすることでもないです。好きな素性があり、装備してみたい武器があるのであれば、ご自分の好きな素性を選ぶのが良いと思います。

そういうのもないし、右も左もわからないよ!って初心者の方には『騎士』をオススメします。
運が7と低いこと、生命力・持久力・筋力・技量とこのゲームをクリアするにあたって必要最低限のステータスが確保されているからです。最終武器としても使いやすいロングソードを最初から持っているというのも初心者向きです。体力が高すぎるので、軽装を好む場合には少しもったいなくなる可能性もありますが少なくとも超初心者の方にはムダになりにくいステータスです。 

ご自分の腕にある程度の自信があり、遠距離スペルも使いたければ、『呪術師』をおすすめします。
理力・信仰ともに14と高めなので、あとで切り捨てられないというのがネックになりますが、信仰15以下、集中力も低めに抑えられており、その後のステータス振りなおしでもある程度の自由度を確保できる素性です。

★素性一覧
素性 レベル 生命力 集中力 持久力 体力 筋力 技量 理力 信仰
騎士 9 12 10 11 15 13 12 9 9 7
傭兵 8 11 12 11 10 10 16 10 8 9
戦士 7 14 6 12 11 16 9 8 9 11
伝令 9 12 10 9 12 12 11 8 13 11
盗人 5 10 11 10 9 9 13 10 8 14
刺客 10 10 14 11 10 10 14 11 9 10
魔術師 6 9 16 9 7 7 12 16 7 12
呪術師 8 11 12 10 8 12 9 14 14 7
聖職者 7 10 14 9 7 12 8 7 16 13
持たざる者 1 10 10 10 10 10 10 10 10 10

★おすすめの贈り物

今作は特にコレがないとキツイ、という品はないので、好きなもので大丈夫です。

一番のおすすめは炎の貴石です。もらわなかった場合はどうせ不死街で貴石マラソンをすることになります。
次におすすめは生命の指輪です。といっても、3つ目かそのあたりのステージで入手可能になりますので、そこまでアドバンテージはありません。

★序盤の育て方
(*チュートリアル~ロスリック高壁~不市街あたりまで)

・まずはカット率が80%くらいの盾を入手しましょう。
最初から盾を持っている素性を選んだ場合は大丈夫です。
祭事場のおばあさんがラージレザーシールドを売っていたと思います。筋力を8まで振りましょう。

・次に物理カット率100%の盾を入手できると、近接戦闘が楽になります。チュートリアル後の最初のステージ・ロスリックの高壁で銀鷲のカイトシールドが入手できます。筋力11ですので、筋力が足りない場合は最初は筋力11までレベルを上げると良いと思います。

・それからは、打撃属性の武器をひとつ、刺突属性の武器をひとつ、標準または斬撃属性の武器をひとつずつ選んで、精錬していきたいです。
武器の属性なんてよく分からないよ!という方には標準属性のロングソードをオススメします。ロンソのみ精錬しているだけでクリアどころか、やりこみも可能です。

打撃武器としてはロスリックの高壁で拾えるクラブで良いと思います。やりこみを視野に入れるならば、リーチのあるメイスあたりが望ましいです。

刺突武器としてはロスリックで拾えるレイピアでも良いですが、グレイラットから購入できるようになるエストックをおすすめします。エストックの方がリーチがあるので、ロンソとの使い分けがしやすいと思います。

精錬優先度としては、育成ステータスにもよりますが、①標準→②打撃→③刺突→④盾→⑤弓→⑥呪術orクロスボウ→⑦触媒となります。とりあえず、メイン武器をひとつ選んでそれだけ精錬すれば大丈夫です。余裕あれば他の装備も精錬していきましょう。
 
・武器を変質派生させましょう。
最終的には筋力特化型の場合は重厚派生に、バランス型の場合は熟練派生の武器をつくっていくことになります。低レベル帯では補正値は微々たるものなので、まずは炎派生が良いと思います。篝火・不死街近くのランタン持ちの敵が石をドロップします。

・レベルを上げて、必要ステータスを確保していきましょう。
まず、最初に確保したいのは生命力27のMaxHp1000越えラインだと思います。
死ぬと篝火に戻されるシステムのゲームなので、死なないことが一番大事です。

次に上げたいのは持久力です。ロンソなら持久力15あると振れる回数が上がります。

・弓を活用しましょう。

・白サインを拾ってみましょう。

★中盤
 (~イルシールあたりまで) 

・メイン武器のカテゴリーを決めていきましょう
必ずしも最終的に使う武器と一致しなくても大丈夫です。今作はステータスも振りなおしが可能なのでなんとなく好きかもー程度で決めるとよさそうです。

ステータス型を決めましょう
ダークソウルでは、火力ステータスが 筋力・技量・理力・信仰と4つあります。
そのうち、筋力特化・技量特化・筋力技量バランス型・理力特化型・信仰特化型・理力信仰バランス型の6つが最も代表的なステータスタイプとなります。

ロングソードをメイン武器にする場合は、筋力と技量をバランスよく振る上質型か、筋力だけを特化してあげていく脳筋型をオススメします。

・サポートスペルを活用しましょう。

・白霊をしてみましょう。

★終盤
(~クリアから周回まで)

・サブステータスを振ってみましょう。

・原盤を使って最終強化する武器を7つ決めていきましょう。

・アイテムを活用しましょう。

・大弓を強化しましょう。

・ねたばれを解禁してWikiを見ながら、NPCイベント等を進めましょう。

・誓約を装備して、オンラインプレイを楽しんでみましょう。

・トロフィーコンプリートを目指してみましょう。

・周回プレイを楽しみましょう。

・対人に挑戦しましょう。


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

Ver1.04で大剣に修正が入るらしいので
とある人のデータから計算してみた。

★Ver1.03 +10or+5の表示攻撃力(筋力技量理力信仰40)
クレイモア:物理250+196==446
フランベルジェ:物理288+139==427
竜血の大剣:物理166+104=270/魔力130/雷130==530
処刑人の大剣:物理238+202==440
黒騎士の剣:物理272+217==489
亡者狩りの大剣:物理238+227==465
ウォルニールの聖剣:物理250+173==423
裁きの大剣:物理184+137/魔力122+46=321+168==489
ストームルーラー:物理200+147==347
狼騎士の大剣:物理230+243==473
月光の大剣:物理144+45/魔力200+94=189+294==483
火継ぎの大剣:物理218+137=355/炎146==501
双王子の大剣:物理216+138/炎134+73=354+207==561


こちらも板で拾ってきたデータです。

★Ver1.04
筋力技量60理力信仰10の上質キャラで測定
  1.03                1.04
熟バスタードソード
225+287 512          → 248+317 565
熟クレイモア
225+287 512          → 248+317 565
熟フランベルジェ
259+232 491          → 284+255 539
熟竜血大剣
149+162 571(311+魔130+雷130) → 160+174 618(334+魔142+雷142)
処刑人の大剣
238+229 467          → 262+252 514
黒騎士の剣
272+245 517          → 302+273 575
亡者狩りの大剣
238+257 495          → 264+285 549
ウォルニールの聖剣
250+196 446          → 276+216 522
裁きの大剣
184+155 415(339+魔122-48)   → 196+165 441(361+魔132-52)
ストームルーラー
200+166 366          → 260+216 476
狼騎士の大剣
230+276 506          → 254+305 559
月光の大剣
144+51  316(195+魔200-79)   → 144+51  341(195+魔242-96)
火継ぎの大剣
218+155 519(373+炎146)     → 234+167 563(401+炎162)
双王子の大剣
216+156 517(372+炎134+11)   → 230+166 560(396+炎152+12)
熟アストラ大剣
219+346 565            → 237+374 611
熟ツヴァイヘンダー
252+356 608            → 261+369 630
踊り子の双剣
144+104 495(248+魔114+6+炎114+13) → 144+104 661(248+魔114+89+炎114+96)

             1.03        1.04
熟アストラ大剣+10    219+346 565 → 237+374 611
踊り子  →L1から戦技確定


ソウルの大剣  修正前740 修正後796
ファランの速剣は違いがわかりません・・・。威力、振りかわってないです。
踊り子の双魔剣、羽の騎士の断頭斧の戦技スタミナが減ったようです。


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

★生命力
27…1000
39…1200
50…1300
99…1400
27以降若干低下 
50以降大幅低下 

★集中力…FP スロット
14…114 2
18…136 3
24…181 4
30…233 5
40…296 6
50…326 7
60…350 8
80…404 9
99…450 10

★持久力 
40でスタミナ160
99でスタミナ170

★体力 
全て1ずつ上昇
99で139

★運発見力
90までは1ずつ上昇で190
91以降の伸率低下99で199


ダクソ3攻略, ダクソ2攻略, ブラボ攻略, RO支援AB, ゲーム感想, TOP

拍手

ラグナログ 支援育成

ぬるゲーマーのすすめ
支援プリ
*狩場別・PT別で支援考察(2007)
*支援プリ育成(2007)
*支援廃プリ育成(トール以後)(2010)
支援アクビ
*ニヨPTで支援ABの育成・ステ(2013)
*支援ABのスキル(2013)
*アコプリ最短転職育成(2013)
支援アクビのソロ
*支援ジュデックスのススメ(2013)
*RR後の低レベル狩場(2013)
支援ジュデックス型育成
*お手ごろ装備(2013)
*ステータス・育成タイプ(2014)
*スキル構成(2014)
*武器火力(2014)
*審判の靴(2014)
サブキャラ育成
*弓手育成(養殖)(2013)

ゲーム日記

★シャドウバース
冥府エルフ
ロイヤル

★任天堂ゲームの感想
*スプラトゥーンの日記
S以上・96凸ギア立ち回り戦略
おすすめ武器
C-, C, C+, B-, B, B+, A-, A
マップざっくり考察

★ファルコムゲームの感想
*イースⅧの日記
1, 2, 3, 4, クリア後の感想

*東京ザナドゥの日記
1話, 2話, 3話, 4話, 5話,
幕間, 6話, 7話, 最終話
クリア後の感想

*閃の軌跡Ⅱ
*,,③クリア後レヴュー,,
⑤キャラ,,,⑧クリア後の解釈

*その他
*空の軌跡,零の軌跡
*Ysシリーズ
*ぐるみん

★スクエニのゲームの感想
*いけにえと雪のセツナ
(1), (2), (3), (4), (5)
クリア後の感想
Amazon工作疑惑

★LOL
*初心者向けオススメ動画
*レーンごとオススメ
*アーリ
*アニー
*フォーチュン
*導入ガイド

マンガ感想&ネタバレ

★ぼくの地球を守って
(1), (2), (3), (4), (5)
(6), (7), (8), (9), (10), (11)
★ぼくは地球と歌う
1巻, 9話
★東京喰種-トーキョーグール-:Re  1話

ゲーム感想・おすすめ

*2016年発売日表
*2015年E3PV集
*メタスコアランキング

上からオススメ順。主観多々
世界観重視,厨二ファンタジー,
美男美女,癒し系,協力ゲーム好き

【個人的な神作品】
*ICO(ADV,PS2等)
*風ノ旅ビト(ADV,PS3)
*Demons&DarkSouls(Act,PS3)
*DarkSouls2(Act.RPG,PS3等)
*Bloodborne(ARPG,PS4)
*ワンダと巨像(ADV,PS2等)
*rain(ADV,PS3)
*428(ADV,PSP等)
*シュタインズゲート(ADV,PS3)
*空の軌跡,零の軌跡(RPG,PC等)
*ジルオール(RPG,PS2等)
*幻想水滸伝1-3(RPG,PS等)
*シャドウハーツ1&2(RPG,PS2)
*月下の夜想曲(Act,PS等)
*Ysシリーズ(ARPG,Vita等)
*Ys8(ARPG,Vita等)
*逆転裁判(ADV,DS等)
*キングダムハーツ(RPG,PS2)
*ラストオブアス(TPS,PS3)
*GTAシリーズ(TPS,PS3,ceroZ)
*ウィッチャー3(RPG,PS4,Z)
*スプラトゥーン(TPS,WiiU)

【個人的な秀作】
*DOOM(FPS,PC)
*FF5(RPG,SF)
*DQ5(RPG,SF)
*モンハン2G(Act,PSP)
*IQ(パズル,PS)
*TRICK&LOGIC(ADV,PSP)
*デビルメイクライ4(Act,PS3)
*ドラゴンズドグマ(RPG,PS3)
*エルダースクロール(RPG,PS3,Z)
*マインクラフト(工作,PS3等)
*アサシンクリード(Act,PS3,Z)
*アンチャーテッド(TPS,PS3)
*零~zero~(ADV,PS2)
*零~濡鴉の巫女~(ADV,WiiU)
*SIREN(Act,PS2等)
*ぐるみん(Act,PSP&PC)
*ダンガンロンパ1&2(ADV,PSP)
*プロジェクトディーバ(音楽,etc)
*龍が如く4(ADV,PS3)
*東方・紅魔城伝説2(Act,PC)
*式神の城(Stg,PS2)
*ペルソナ4(RPG,PS2等)
*大神(RPG,Wii等)
*ニーア・レプリカント(RPG,PS3)
*メタルギアソリッド(Act,PS等)

ゲーム感想

【個人的な惜作】
*閃の軌跡Ⅱ,,③感想,,⑤キャラ,,,⑧クリア後の解釈(RPG,PS3)
*フラジール(ADV,Wii)
*絶対絶望少女(Act,Vita)
*ジルオールゼロ(Act,PS3)
*ブレスオブファイヤ5(RPG,PS2)
*ドラッグドラグーン3(RPG,PS3)
*エスカのアトリエ(RPG,PS3)
*FF13-3R(RPG,PS3)
*テイルズヴェスペリア②感想(RPG,PS3)
*Tree of Savior(ARPG,ネット)
*ECO(RPG,ネット)
*タルタロス(ARPG,ネット)
*歴史物(小説・漫画)

独自性、戦闘操作性、快適か
ストーリー、キャラ、デザイン
音楽、画質、難易度で評価

支援(・∀・)スキーによる雑記


(*´▽`)_旦ちゃ~
最近はジュデックス…
ソウルシリーズ・フロムゲーに関しては 姉妹で情報収集をしています。

姉:さきちゃ
RPG好き。特に支援職が好き。
好きなキャラは、エアリス。

妹:ヨルタ
モンハン世代。
ICOでゲームにハマる。
反射神経はないけど、 探索ゲー・雰囲気ゲーが好き。

カウンター

リンク

ソウルシリーズ

ラグナロクオンライン

他の作品も

カレンダー

Copyright ©  -- ダークソウルとRO攻略育成メモ置場*よるためも* --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]